チェック!!

無料ブログはココログ

« ラヴ・レターズ(長文) | Main | ラヴレターズのブックマーク »

2015.06.24

アドルフに告ぐ(長文)

またまた思い出し観劇日記。
6月10日(水)夜KAATで「アドルフに告ぐ」を見ました。
手塚治虫の原作を今回初舞台化。私は漫画は未見。それからKAATも初。
二年前の雨の日に、ホタルイカって迷言が出た神奈川県民ホールと最寄り駅が同じで、その時以来だったんだけど、駅着いたら色々思い出しちゃいました(笑)
寄り道終了。
KAAT、良いホールでした!
見やすいし、音の響きもよい!


ただ、やはり遠い。。。
19時開演で、余裕で間に合うと思ってチケット買ってしまったら、、、
上演時間3時間(休憩含む)!
つまり終わったら22時!
家着いたの24時近く!


めっちゃ疲れた。。。
…でしたが。

非常に満足度高い舞台でした。
心と同時に頭もフル回転されられ、これが今の日本で上演されたのが奇跡だなぁとも思い。
これから地方公演が始まるからいろんな人にぜひ見てほしいなと思い、ぎりぎりアップしてみます。
物語の中心になるのは3人のアドルフ。
一人目は、アドルフ・カウフマン(成河)
神戸に住んでいる日本人とドイツ人のハーフ。父はナチ党員だが、ユダヤ人の親友もいる少年。
二人目は、アドルフ・カミル(松下洸平)
カウフマンの親友、ユダヤ人のパン屋の息子。神戸在住。
三人目は、アドルフ・ヒットラー(高橋洋)
言わずと知れたヒットラー。この物語では、彼はユダヤの血を引くとされており、それが記された文書の存在が、多くの人の人生を狂わせていく。
やむを得ない形でドイツに行ったカウフマンだったが、教育を受け、次第に「立派なナチ党員」となり、ユダヤ人狩りに優秀な成績を収めていくようになる。だが一方、ユダヤ人の女性に恋し、彼女を亡命させる手助けもする。
文字で書いていくと、整合性が取れていないことだけど、舞台上で見せられると説得力がある。
こうやって、人は変わって(変えさせられて)いくのだと。
そして、切羽詰まった状況で、こうも身勝手な存在になりえるのだと。
ドイツ人は優秀な人種であるから、ユダヤ人を導く必要がある
テレビで前に見た満州国のドキュメントで、日本が満州でやっていたことと同じだと思ったらぞっとした。
これは、第二次世界大戦中の、遠い国の物語ではない。
そう思った。
怖いことだけ先に書いてしまったけど、舞台はとても美しかった。
美しく。。。その美しさは恐ろしさにも繋がるんだけど。
人が生きていく強さ、希望も描かれていて、頭がぐるぐるになりながらも本当に満足して劇場を後にしました。
他にも印象に残ったことを箇条書きに。
狂言回し的な役割を持った峠草平(鶴見信吾)
彼の落ち着いた演技と、信念の強さが良かった。最初、別の時間軸の人かと思ったのは原作では彼の過去がもっと描かれてるのかも?
カウフマンの母(朝海ひかる)
次第に狂ってくる世界の中で、凛として生きている姿は美しかった。
ピアノとヴィオラの生演奏
BGMとして、効果音として、また劇中のレストランの楽師として、この二つの楽器の演奏者が舞台上手に常駐。
ヴァイオリンではなく、低い音のヴィオラだったことが戦争の重苦しさと合っていたように思えた。
ちょっとスリルミーを思い出させるなと思ってたら、ピアノの演奏者は朴勝哲さんでした。
カウフマン(成河)
誤解を恐れないで書くならば、彼の小ささと、声の高さが良かった。
少年時代の幸せな日に違和感がない。
その少年が、否応なく戦争に巻き込まれ、どんんどん変わっていく様は、痛々しくもあった。
少女(小此木まり
エリザにおけるトートダンサーのように、現実にいるような、いないような抽象的な存在の少女。戦争で犠牲になる子供たちの魂かな?
http://okepi.net/kangeki/667
  ↑
おけぴ観劇れぽ
http://blog.livedoor.jp/andyhouse777/archives/66183365.html
  ↑
ライターの阪清和さんの観劇レポ
写真も満載、熱い記事です!

« ラヴ・レターズ(長文) | Main | ラヴレターズのブックマーク »

観劇」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15974/61785819

Listed below are links to weblogs that reference アドルフに告ぐ(長文):

« ラヴ・レターズ(長文) | Main | ラヴレターズのブックマーク »