チェック!!

無料ブログはココログ

« January 2015 | Main | April 2015 »

2015.02.18

スマホデビュー!

Img_3386

2月14日土曜日に、ほぼ4年使っていたガラケー(N-06B)からiPhone6(16G)に乗り換えしました。

ガラケーに、何の不自由も感じてなかったんですけど、蝶番がバカになってきてパカパカ開いちゃうのでこれは駄目だなと。
で、更に、先日鉄になっちゃったマーチ君のわずかばかりの代金をそのまま何となく使っちゃうのも寂しい気がしたのでスマホに乗り換えるのもいいなーって。

結果的に、乗換だと16GのiPhone6を含む4機種が実質無料ってことで、会社で使っている人が一番多いiPhoneに決めました。

iPhoneだと設定を自分でやらなくちゃいけないとか、色々不安だったけど触ってみると意外に分かるものですねー。そして分からなことはググってみると親切な解説が沢山ある!
アメトークでやってたiPhone使えない芸人を見てたのもかなーり参考になりました。


早速使ったのが地図アプリと、チューナー、メトロノーム。
地図アプリはこれだけ分かりやすかったら地図が読めない私でも迷わないかも!
そしてチューナーは、10年ぶりに楽器をやることになったのですけど、一緒にやってる人が使ってていいなぁって思ったので入れてみました。
スマホ一つで色んな役割が果たせるのって便利~って、日々楽しんでます。

Wi-Fiも機種代タダで、通信料も割り引くってことで一緒にゲットしたんだけど、まだ手を付けてない・・・。今のとこiPhoneだけで用が足りてるんだけど必要なのかな?ってのが疑問。まぁ、それもそのうちに何とかします。

2015.02.10

ボンベイ楽!

ボンベイ楽!

2月8日マチネ、浦井健治君主演のミュージカル「ボンベイ・ドリームス」の東京楽に行ってきました!


やっぱり主演って良い!

きらびやかな大勢のダンサーの真ん中で歌って踊る!
仲間との友情、切ない恋、夢、葛藤、苦悩、みーんな物語の中心。

ソロ曲も、楽しく伸びやかな「Like An Eagke」、
心に響く「The Jurney Home」。プリヤとのデュエットはどれも切なく、美しく。


何か、書いてて嬉しいんだか間抜けなんだかって気がしてきた。。。主演で喜んでるのっていじましいわよねぇ

でも、嬉しいの!

正直言うと初日を見た時は色々もやっとしてしまってて、言葉を選んで初日感想を呟いてみてたのでした。


もやっとした原因の一つ目は、思ってたのと違うこと。

事前のインタビューでも、
「お祭り騒ぎのミュージカルです」「毎公演最後にみんなで踊りましょう」だったし、インド映画のイメージもめっちゃ踊って歌って、楽しく楽しく強引でもハッピーエンド!←イメージです。インド映画見たことないの(^^;;


だから、新感線的なハチャメチャさを期待していったら、段々シリアスになってきてハッピーハッピーとはならなかった。

で、あれ???思ってたんと違うよ?ってなっちゃって、その気分のまま踊れと言われてもちょっと無理で。


せめて振り付け講座するとか、もっと煽るとかして欲しかったなぁと思ったら、、、マサラカーテンコールは完全自由参加なので強制はしない、んだそーです。


とはいえ、楽は盛り上がりました。
前日にあったスペシャルカーテンコールが盛り上がったそうで、それに参加した人が率先してくれたのかもしれないけど1階席は総立ちでシャカラカ♪こういうのやっぱり楽しい(^^)


二つ目は、やっぱりインドについて知識がなさすぎたこと。
パンフレットの中盤にあった舞台評論家の方の記事がとても分かりやすかったちょっと抜粋

日本で仕事を探すにしてもカーストに合わない職業は選ばないという一文の後に、「たとえ異国の人々に対しても、異国の地であってもかの地の人々を規定し続けるもの。そんな背景を知ることで二人ラブストーリーは一層の深さをもって観るものにせまる」との記述。


これを読んで、どこにでも身分違いの恋の物語はあるけれども、カースト制の奥深さは計り知れないんだなと納得。それから観劇すると、、、シーンが全然違って見えてすごく切なかったです。


そして3つ目は、音楽に耳馴染みがなかったこと。
どんなミュージカルでも、曲を覚えてからの方が楽しいんだけど、この作品は特に曲調が独特で慣れるのに時間がかかりました。

でも、一回慣れると同じメロディの繰り返しが多くて、頭の中をぐるんぐるん回ること!

いろんな所に落ちてる映像や音を聞いて、ますますボンベイにはまってきてる感じ。


というわけで、せっかく馴染んで楽しくなってきたときに東京公演が終了っていうのは、、、寂しい限りです。


キャストのことも書きたいけど、とりあえずこれでアップ!

2015.02.06

読売演劇大賞 最優秀男優賞 受賞!!!

2月4日は凄い一日でした。

浦井健治君が、「アルジャーノンに花束を」と「星ノ数ホド」の演技に対して

第22回読売演劇大賞「最優秀男優賞」を受賞!!

読売演劇大賞とは、読売新聞社が主催する演劇の賞。
1.1月から12月までに上演された国内の演劇の男優賞・女優賞・演出家賞・スタッフ賞は、各優秀賞5人と作品賞は優秀賞5作品選ぶ。
2.次に、演劇・マスコミ関係者の投票で男優賞・女優賞・演出家賞・スタッフ賞は各部門の最優秀賞を1人選び、作品賞の最優秀作品賞を1作品選ぶ。
3.最優秀賞の5部門(作品賞・男優賞・女優賞・演出家賞・スタッフ賞)の中から1部門を選ぶ。

以上、Wikiより。

浦井君は17回で新人賞にあたる杉村春子賞をヘンリー6世とダンス・オブ・ヴァンパイアの演技に対して受賞されています。
今回、優秀男優賞に選ばれただけでも凄いのに、、、まさか最優秀賞だなんて!!

そしてこの日は国際フォーラムで浦井君主演の「ボンベイ・ドリームス」の公演&FCイベント。

公演ではカテコで朝海さんが「この公演で二人も最優秀賞を取った人がいます!」と美術の二村さんと、浦井君を紹介。
浦井君は皆に祝福され、何故か土下座っていうか、五体投地的になっちゃっておじぎ(笑)
それから劇中のインタビュアーキティにインタビューされる体で、ご挨拶してくれました。

この賞をいただけたのは嬉しいし、恐縮もしている。演劇界の凄い人たちがもらっている賞を自分がもらっていいものなのか、、、、
そして声帯出血をして、医者に「歌えなくなるよ」とまで言われた後の2作品が評価されたことがとてもうれしい。
周りの支えがあってからこそとの感謝。
そして、いつか演劇界に恩返しがしたいとの目標を。

終演後のFCイベントでは、こっそりクラッカーが配られていて、皆でサプライズ!
音だけのクラッカーって初めてやった!
皆で一斉に鳴らしたから凄い音!

浦井君びっくり!大喜び!!
凄い音だね、においも凄いねって(笑)

発表があった日に、公演も、イベントもあるだなんて、本当に素晴らしい日でした。

喉を傷めたのが声帯出血だったってことは最近のインタビューでやっと知ったこと。そしてそれが歌えなくなるってほどだったなんて。。。
無理しないで休んでほしいとも思うし、無理したからこそこの賞がもらえたとも言えるわけで、何だか複雑です。
そして、歴代最優秀賞をもらった人を見てみると、、、本当に錚々たるメンバー!!その一員に浦井君がなったんだと思うと、ちょっと恐ろしいくらいです。

でも、浦井君はそんなすべてを受け止めて、確実に前に進んでいくんだろうなぁ。
いつも思うけど、そんな浦井君を応援できるのは幸せなことです。
本当に、おめでとうございました!!

« January 2015 | Main | April 2015 »