チェック!!

無料ブログはココログ

« ウルフェスに行って来ました | Main | 今日の夕日 »

2007.09.05

朧の森に棲む鬼

試写会もあったゲキシネ「朧の森に棲む鬼」。
10月が待ち遠しいぞーって事で、2007年1月5日に見に行って途中まで書いてあった感想をアップしてみようと思います。

新橋演舞場、初めて行きました。客席に提灯が沢山並んでいたのがお正月っぽくっていい感じでした。上演時間は6時開演、9時半終演、間に30分の休憩あり。ってことは3時間!でも長さを感じさせない、一大エンターテイメントでありました!

リチャード三世と酒呑童子をベースにしたという作品。ストーリーはリチャード三世、酒呑童子は名前とか設定とかって感じかな?流れ者のライが、自分の舌と森の朧にもらった剣で一国の王に上り詰めるまでの物語。

水と火が効果的に使われていた舞台でした。特に水。
最初の森の中で雨が降っているというシーンでは、舞台の奥のほうにだけ雨が降っているのだけど、2幕ではザーザー降りの雨となり、最後は舞台の真ん中を流れる川が登場。その川の中で血みどろになって転びながら戦うのです!かっこいいっ!

脚本もすごく良く、伏線がこれでもかと張られていて、どんどんそれが明らかになってきたとき鳥肌が立ちました。

さて、これからはミーハー丸出しの感想を。

市川染五郎が何しろ良かった!
最初は口先だけで、剣が全く使えないという役。最初は朧にもらった剣が勝手に動いて人を殺してしまっていたけども、だんだん腕が上がっていくという動きの変化が見事。剣が勝手に動くとこは操られ感が面白かったし、強い時の型というか、体の動きも素晴らしかった。
のし上がっていくのにしたがって衣装が段々豪華になっていくのだけど、その衣装がまた素敵。多分10着位着たんじゃないかな?最終的には貴族が着るような服にまでなるけれどもそれが素晴らしくお似合い。やっぱり着物を着慣れている人だなぁって思ったし、歌舞伎役者ならではの立ち居振る舞いって素敵だなぁって思った。
ライは本当に悪い奴なんだけど、その徹底した悪さが気持ち良いというか。いろんな人を裏切っていくのが、ああ、こうきたかとぞくぞくしながら見てました。

市川染五郎は、何か見るたびに素敵だぁって叫んしまう私です。前に映画阿修羅城の瞳を見たときは、舞台を見に行かなくちゃいけないかなぁなんて言い、舞台を見てきた今となっては今度は歌舞伎を見に行くしかないなぁと。顔は好みじゃないので抵抗してるのだけど、これはやっぱりファンなんでしょうね(笑)ちなみに、映画も今回も、同じ友達と見に行きました~
 

阿部サダヲが良かった!
ライを兄貴と慕うキンタ役。
最初は、ライが頭脳労働、キンタが肉体運動と言う役回りだっただけあって、剣を持って動きっぱなし。すごく良く動いていたし、やっぱり面白かったし、かなり泣かせたし。途中で目が見えなくなると言う役だったけど、盲目の殺陣も良かったです。


古田新太はもちろん良かった!
彼は無頼の町の顔役で、ライと手を結んで悪事を働くが・・・って役。似合いすぎちゃって言うことないです。古田新太は声も良いなぁ。

女性陣が良かった!
ライに利用される女性が3人いたのだけど、3人とも綺麗で、凛としていて素敵でした。ちなみに秋山菜津子、真木よう子、高田聖子の3人です。
でも、この3人が森の朧として最初のシーンに出てきて歌うのだけど、何て言ってるのかホントに聞き取れず。せっかく予言を言ってるのに、後のシーンを見て、「さっきこう言ってたのかな?」って思う感じになってしまったのが残念。

ツナヨシ将軍
最初に殺されるツナヨシ将軍役を演じていたのは、JAEの横山一敏さん。かつては戦隊シリーズやレスキューシリーズでスーツアクターとして活躍されていた方です。183cmの長身と分厚い胸板が魅力的な、当時のJACには数少ない大柄アクターさんでした。彼が演じたレッドは、「壁をパンチで突き破って助けに来る」のをリアルに信じられる感じで、ホントかっこよかったのですよ!
新感線の舞台を見に行くようになってからは、横山さんを探すのも楽しみの一つとなっていたのですが、今回のツナヨシ将軍はとっても男前で強くて、国の中でも慕われていた人という設定。最初に殺されてしまう役なのに、何かというとツナヨシ将軍が、ツナヨシ将軍がと名前が出ていたのが何だか嬉しかったです(^^)

 
余談
この日は一緒に行ったWちゃんの誕生日。終わってから飲みに行って、芝居も楽しかったものだから盛り上がって結構ぎりぎりまで飲んで。
私は終電一つ前で帰れたけど、彼女はぺけでした。。。
途中から深夜バスで帰ったそうな。ごめんねー。

« ウルフェスに行って来ました | Main | 今日の夕日 »

観劇」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15974/16202740

Listed below are links to weblogs that reference 朧の森に棲む鬼:

« ウルフェスに行って来ました | Main | 今日の夕日 »